Stars Road

北斗七星は、天と地と人をつなぐ

5.星の神様と織物の神様に誘われ、たどり着いた場所

【2017.10.12の記事】

 

ここ最近の「尾張氏」から始まった一連のできごとの意味が

とうとう、わかったかもしれないです。。。

 

星の巡礼 第1章 すべての始まり>

1.水星逆行、エアコン壊れた・・そこからの不思議なつながり。尾張氏から籠神社へ。

2.神様が創ろうとしている世界は、想像を超える素晴らしさだった。思わず泣いてしまった。

3.秋分の日にまたしても尾張氏・・そこからの隕石と星の神様

4.星宮社、君の名は。不思議なつながりはまだまだ続く。

 

 

 

今日、ふと色々なことが全部つながって、突然スコーンと見えた w

 

でも、なんか突拍子もなさすぎて、なんでこんなことになってるか

自分の思考なのに追いつかない。。。。

 

ちょっと整理しがてら、順番に書いていきますねヽ(;´Д`)ノ

 

 

 

 

まずは、ここから。

 

この間、星宮社へ行ったあと、さらに気になった神社2社。

 

「高座結御子(たかくらむすびみこ)神社」と「真清田(ますみだ)神社」へ

行ってきました。

 

 

「高座結御子(たかくらむすびみこ)神社」は熱田神宮の境外摂社なんだけど

行ってみて感じたことは、ここは何かを守ってる、でした。

 

 

とても厳しく固いイメージ。

Instagramに写真をアップするのはやめといた。それくらい厳しい感じがした。

今日は1枚だけ載せてみる。

 

 

本殿の後ろに古墳があったんだけど、それを守ってるのかな。。。

息を潜めてじっとしてる。そんな印象。

 

 

いつものことながら、わたしは神様が見えたりするわけではないので

お参りして終わり。

 

この神社に行ったことが何かにつながったりは今のところしてなくて、

この後、きっと何かあるんだろうと思う。

 

 

 

 

そして別日に、尾張国一之宮の「真清田(ますみだ)神社」へ。

 

 

祭神は尾張開拓の祖天火明命(あめのほおかりのみこと)」

 

天火明命(あめのほおかりのみこと)」はニギハヤヒのことだから

ニギハヤヒをお祭りした尾張氏の神社ってことになる。

 

 

参拝した時の写真あれこれ↓

 

神社巡りが復活しつつある今日この頃。久々に「真清田神社」に参拝☆

 

本殿中央の御神体(鏡)が青白く光ってたことは、謎のまま w

 

 

 

真清田神社は、本殿の真後ろに別の神社「三明(さんみょう)神社」が建てられてて、

本殿でお参りするとあたかもその神社もダブルでお参りしてる形になる構造。

三明(さんみょう)神社は平成になって再建されたらしい。

 

↓真清田神社の境内図

①が本殿、⑦が三明神社

 

 

真清田神社HPより抜粋

三明神社は往古「三明印珠宮」とも称され、当社の四所別宮のなかで最も重視された第一別宮とされている。祭神は本宮の荒魂(あらみたま)で、平成五年三月二十五日、古くからの由緒に基づき御本殿裏に再建された。

 

 

この本宮がどこを指すのかがポイントだよね。

 

HPには明確に記載されてないけど、宮司さんに直接聞いた方の記事を発見。

それによると「内宮・荒祭宮に準ずる神」とのこと。

 

 

内宮(伊勢神宮内宮)の荒祭宮の祭神は天照大神の荒魂。

 

天照大神には男神説があって・・

 

その場合、荒魂には奥さんの瀬織津姫が祭られているらしいのです。

宮司さんに直接聞いた方も女神であるかどうかを念押し確認されてるw

 

 

つまり、

 

真清田神社の本殿にお参りすると、

 

ニギハヤヒ瀬織津姫の夫婦神に

同時にお参りしてることになる、と。

 

 

隠された神、夫婦神・・またしてもこのキーワード。

 

 

そして、この本殿の裏に別の神社があるダブル構造、どこかで見覚えが・・

 

 

あ!熱田神宮と同じだ!

 

 

熱田神宮の本殿の裏には一之御前(いちのみさき)神社があって、

祭神は熱田大神の荒魂」。

 

熱田大神」は「天照大神」のことだから、

一之御前(いちのみさき)神社も祭神は天照大神の荒魂

つまり瀬織津姫ってことになる。

 

そして、平成になって一般公開されたばかり。

 

 

設定が全く一緒!偶然とは思えない。

 

 

そして、さらにさらに、

 

真清田神社は龍神も有名なんだけど、

その龍神「大龍命」「姫龍命」という男女の神様がおられるそうで・・

 

↓ここに書いてあるんです

 

男女の龍神を一緒にお祭りしてるなんて、初めて聞いた。

こちらも夫婦神なのかな?

 

 

龍といえば、境内には「八龍神社」という摂社がある。

元は別の摂社(厳島社)に祀られた龍神石が、神仏分離日泰寺に移り、

再び真清田神社に還ったとき(平成元年)に創建された神社なんだそう。

 

またしても平成になって復活した神社・・

 

しかも、その龍神石はドクロような形をした水晶かもしれないらしく・・

 

うーん。謎が深いわー。

そして水晶ドクロで一気に深さが増した気が。

*詳しくはこちらの方のページをどうぞ。

 

 

 

 

それに、日泰寺

 

前からずっと行きたくて、最近行ったばかり。

この不思議なつながりはなんなんだ(*_*)

 

 

 

そして、そして、

 

真清田神社に来るきっかけとなった「織物の神様」を祭った境内摂社「服織(はとり)神社」

 

 

 

祭神は、萬幡豊秋津師比賣命(よろずはた とよ あきつし ひめのみこと)。

 

ニギハヤヒのお母さんで、天照大神に織物を献上されていたという織物に縁のある神様と言われている。

 

織物の神様→織姫様と転じて、縁結び神様として有名らしくて

赤い糸がたっくさん奉納されてました。

 

 

糸、結び、織物の神様・・これもキーワードですな。

 

 

 

真清田神社のキーワードを並べると、君の名は。の世界そのものだ。

 

こんな偶然あるんだろうか?

 

さらに、プラスアルファの要素(水晶ドクロのことね)まで加わったし。

 

ここのご神水白河天皇の病気を癒し、明治天皇もこのお水で点てたお茶を飲まれたそうだけど、、確かにご利益ありそう。

 

お参りしたときも、明るくてピンと張った空気を感じたしなー。

 

 

 

 

星宮社→アマツミカボシ→織物の神様 というつながりで辿りついた真清田神社は、

君の名は。の聖地と言っても過言ではないんじゃないかと思うところでした。

 

 

そして、このあと、ふと国府宮にも行きたくなり・・

ついでに参拝していくことにしたんですけど

 

 

 

ああ、結論まで遠い(汗

 

 

長くなってきたから分けます。

 

 

つづく。