Stars Road

北斗七星は、天と地と人をつなぐ

59.剣と物部氏。石上神宮の3本の剣と意識の目覚め。

【2019.4.24の記事】

 

こちらの記事の続きです。

 

stars-road.hatenablog.com

 

草薙の剣が盗まれておらず、

そもそも686年に草薙の剣は、初めて熱田神宮に祀られた、とすると

 

日本書紀古事記に描かれた「草薙の剣に関するエピソード」は全部作り話しということに。

 

ヤマトタケルは、倭姫から草薙の剣を預かっていなかったし、

伊吹山へ迎う前に、宮簀媛に預けてもいないんだ。

 

 

・・となると、

 

草薙の剣は、スサノオヤマタノオロチを倒した時に

胴体から取り出した剣とされるけど、その話しもなかったことになるし

 

それに、スサノオヤマタノオロチを倒した時に使っていた剣(アメノハバキリ)は、

草薙の剣にあたって欠けたとされるけど、その話しも無しになり。。

 

ああ、ドミノのように崩れていく。。

 

なんだか、剣にまつわる話しは、すべて作り話しな気がしてきたw

 

 

以前も書いたけど、やっぱり、剣と蛇と火と雷に関する話しは、

全て、人の目覚めについてのエピソードなんだ。

 

こうなるともう、そうとしか思えない。

 

 

 

そして、剣といえば、石上神宮

 

*写真はWikipediaよりお借りしました。

 

 

 

石神神宮は、この間の「高座結御子(たかくらむすびみこ)神社」の謎解きでも出てきた。

 

stars-road.hatenablog.com

 

 

 

「高座結御子(たかくらむすびみこ)神社」の祭神「高倉下(たかくらじ)」は、

神武天皇布都御魂(ふつのみたま)」という剣を授けたんだよね。

 

神武天皇は、この剣の霊力のおかげで戦いに勝利する。

 

 

この「布都御魂(ふつのみたま)」は、今は「石神神宮」に祀られているんだけど、

ちょっとややこしいのは、石上神宮には名前が似ている3本の剣が主祭神として祀られてるところ。

 

 

その3本とは、この3本のこと。

 

布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)

 →神武天皇に授けられた剣

 

②布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)

 →アメノハバキリのこと。スサノオヤマタノオロチ退治で使用。

 

③布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)

 →ニギハヤヒ天津神から授けられた剣。蘇りの力があるとされる。

 

 

スサノオが使ったアメノハバキリも、石上神宮に祀られている。→②

 

それに③の「ニギハヤヒ」が降臨する時に授けられた「十種神宝(とくさのかんだから)」という神器の1つ「布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)」も祀られてて、

 

「十種神宝(とくさのかんだから)」は、生命の樹と関係あると思う。

まだちゃんと謎解きができてなくて、今は詳しく書けないんだけど。。。

 

ただ、もし、「十種神宝(とくさのかんだから)」「布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)」生命の樹に関係していたら、石上神宮に祀られている3本の剣は、全て人の目覚めに関係する(というか目覚めを表すもの)ということになる。

 

 

日本神話に出てくる「剣」は、人の意識の目覚めを促すものであり→①

止めるものでもあり→②、生命の樹、つまり人のエネルギーそのもの→③を表すんだ。

 

 

これって、カバラの思想、そのものだと思うんだけど、

いつからそうなって、なんで日本の神話にエピソードが組み込まれたんだろう?

 

カバラの思想と同じということは、古代ギリシャやエジプト

もっと遡ればシュメールとも通じるということ。

 

それって、、、どういうこと??

 

いつ伝わったんだろうか?

 

それとも、こっちが発祥だったりして?

 

 

 

 

 

 

そして、この3本の剣を祭神とする石上神宮は、物部氏の総氏神

石上神宮はかつて物部氏の武器庫だったと言われる場所。

 

物部氏といえば丁未の乱(ていびのらん)」

蘇我氏との争いで敗れ、滅亡したと伝わる。

 

最近、物部氏が頻繁に出てくるようになったなあ。

 

御朱印集めで神社巡りをしていた時から、なぜか物部系の神社は外して回っていたのだけれど

(理由は不明。意図せずそうなってた)

 

そろそろ、物部氏に向き合う時がきた気がする今日この頃。

 

物部氏を調べる時、なんか怖いんだよね。

なんだろう?開けちゃいけない何かがあるのか??

 

 

そして、「十種神宝(とくさのかんだから)」については、ニギハヤヒの降臨伝説のある磐船神社に参拝したら、何かわかるような気がしてるんだけど。

 

 

遠いんだよーw

 

でも、そろそろ行くのかな、という感じもするし。

 

ああ、いつ行こう。。。

 

 

磐船神社の拝殿と、ご神体の「天の磐船」

*写真はWikipediaよりお借りしました。

 

ここに行くと、何かがわかると思うのです。

 

楽しみなような、怖いような。。。

 

 

 

 

 

 

モヤモヤ記事、もう1つあるんです。

 

今回、書ききれず。

 

もう1記事つづきます。

 

つづく