Stars Road

北斗七星は、天と地と人をつなぐ

68.開かずの門が開き、金龍へとつながる

【2019.5.9の記事】

 

こちらの記事の続きです。

 

stars-road.hatenablog.com

 

惣士郎さんのイベントで、偶然隣の席に座った彼女との、思いがけないシンクロ。

2人をつないだ「北斗七星」

 

そして奇しくもイベント後、2人は熱田神宮で行われる神事を

別々に見に行くことに。

 

 ↓境内の灯りが消された夜の熱田神宮境内

 

「笑酔人神事」は思った以上に人が多くて!

 

*神事の様子(動画あり)

 熱田神宮の「笑酔人(えようど)神事」を見に行ってきた。

 

 

人が多いし暗いしで、彼女とは現地で会えなかったけれど、

 

このタイミングでこの神事を一緒に見た、というのはすごい縁!

というか、やっぱりここまでの流れ、すごくない!?

 

もう何が何だか・・・w

 

 

 

 

 

肝心の神事は、予想していたより空気が軽く。参加している人たちの思いも軽く。

「神事」というより「お祭り」に近いなと感じました。

 

 

すでに形骸化していて、形だけが残る。

 

当初の目的とは違うものに変形して今に残る。

 

もう役割は終わっている。

 

 

そんな印象。

 

 

これまで何度も、熱田神宮の開かずの門はもうすぐ開く!と書いてきたけれど、

 

*開かずの門の詳しくは、気づけばたくさん書いてます。いくつかご紹介。

stars-road.hatenablog.com

stars-road.hatenablog.com

 

 

 

たぶん・・・いやおそらく、開かずの門は「開いた」と思う。

 


空気がとにかく軽いのです。

 

軽やかに、優しく、力強く。

 

 

 

北斗七星+1星の最後の扉が開いた。

 

そう、感じます。

 

 

さて、次の展開は、どうなるんだろう・・・?

 

 

 

 

 

 

そんなことをぼんやり考えながら帰宅。

 

すると、LINEに彼女から連絡が。。。

 

 

そして、ここから怒涛の展開です!

 

 

まず神事の彼女の感想が、神事(笑い)が行われた場所、

特に「清雪門」のエネルギーが特にすごかったと。

 

久高島と同じだそう。

 

気になるけど行ったことないんだよなー、久高島。

そろそろ、行くタイミングなのかな、と思ったり。

 

 

そして、熱田神宮の「清雪門」あたりのことを

エネルギー発生装置と彼女が表現したのだけれど、

 

ま・さ・に!

 

第4チャクラに対して感じるわたしの感覚も、言葉にすると同じで。

 

自分の第4チャクラがエネルギー発生装置になった時もあったし、

  

stars-road.hatenablog.com

 

 

 

今回も熱田神宮のことを「エネルギーの源泉」と表現してて。

 

↓赤字で「エネルギーの源泉」と書いてる

 

ああ、おんなじコト感じる人が居るんだーと思ったら、嬉しくて。

 

覚醒の道のりも、星探しの道のりも、ほんとに孤独だったから

思い出したらジーンとしちゃった。

 

 

で、さらに、彼女から、熱田神宮の巨大なエネルギーには、

この神事を通して新旧交代が起きていたと教えてもらいました。

 

わたし神様もエネルギーもオーラも見えない人なので・・

そういうのを聞いてもピンと来たり来なかったり。

 

でも今回の話しは、自分の中で感覚的に腑に落ちて。

 

門が開く、という感覚と、エネルギーの入れ替えが図られた、というのは同じだな、と。そう思います。

 

 

だから、やっぱり、熱田神宮の開かずの門は開いた!

 

 

とうとう、この瞬間がきましたね!!

 

なんだか、感無量です。

 

 

北斗七星+1星は「人の目覚め加速装置」

 

これから、たくさんの人の意識が目覚めに向かう。

自分らしく生きられる。

 

ものすごい時代の切り替わりに生きているんだと、実感します。

楽しい!

 

 

 

 

 

 

そして、最後の門が開くと同時に出会った彼女。

 

彼女とのやり取りは、まだつづきます。

 

*4年前の沖縄旅行の写真から斎場御嶽

 

 

彼女はある日突然、不思議な力が目覚めちゃった方で、

なんとなく修行することになっちゃったそう。

 

そして、修行が終わり、

なぜか、知多半島を浄化しまくる日々が4年前から続いてて

どうして知多半島ばかりこんなに浄化するのか?と、不思議で仕方なかったらしい。

 

最近だと3月にも急にある場所を浄化せよ!の指示があり、

浄化したそうで。。。

 

その場所がなんと、北斗七星+1星の第2チャクラの場所「知里付神社」!

 

彼女が浄化した場所の詳細を聞いたら、

「ああ、そう、そこですよねー」と。

わたしも星探しの中で、ここ何かあるな、と思った場所で

 

 

それに、それ以外の4年前から浄化して回った場所も、

星探しと重なっているところが多くて・・

 

第3チャクラの「入海神社」の関係筋も3月に浄化したそう。

 

 

わたしが、北斗七星+1星を、第1チャクラから順に全て巡ったのは今年の1月。

 

その時は、第1チャクラから、第4チャクラまでの間は、流れが途切れていた。 

stars-road.hatenablog.com

 


 

でも、どうやらその後3月になり、彼女が途切れていた箇所を修復していた。。

 

 

どうやら、そういうことみたい!

 

なにこれ、すごくないですか!?

 

スマホを持つ手が震えるわ(笑)

 

 

 

もう、LINEで会話するのが、追いつかない情報量で。

 

直接会って話すことになります。

 

 

彼女は、惣士郎さんの沖縄の冬至の祈りのイベントに参加していて、

 

今度の夏至に名古屋で行われる祈りのイベントのスタッフメンバーでもあり。

 

 

5/4のイベントの中で惣士郎さんが

 

5/7のスタッフミーティングには、スタッフじゃなくても参加していいから

「エジプト」「龍」なんかのワードにピンとくる人は来てみてと声をかけていて

 

なんとなくその流れで、このミーティングに行くことに。

 

 

 

 

 

あとで振り返ると、個別に会う選択肢もあったなと思うのだけど・・

 

この時は、このミーティングに参加しなきゃ!と強く感じてて

 

不思議な感覚のまま、フラッと参加したのでした。

 

 

 

イベントのチラシに金龍の文字があり、

わたしはそこが気になるんですよねー。

 

惣士郎さんの話しの中でも、

7色+白・黒・銀・金・虹の12色の龍の話しがあって、

そこにピンときてて。


 

このモヤモヤをぼんやりイメージしてたら、スタッフミーティングの場で

謎解きする場面がやってきたのでした。

 

 

さらに、驚きの展開がつづきます。

 

つづく