Stars Road

北斗七星は、天と地と人をつなぐ

覚醒の後に起きたこと<メモ>

【2018.5.6の記事】

 

※一連の出来事を忘れないように、備忘録的な記事です。メモ的な。

 

 

先月は体調が絶不調だった。

 

足や手、体に謎の湿疹が出るし、春分から続く唇のガサガサはさらに酷くなって

唇の下、アゴのあたりまで赤剥けてグチュグチュにただれた。

 

1日であっという間に悪化して、気づけば湿疹の赤みと、ただれの赤みで

赤い斑点だらけの体に!!

 

しかも、かゆい!我慢できないかゆみ。

それに、一部はアトピーのようになり、乾燥して鮫肌になり手がつけられない。

 

かゆくて搔きむしり、出血し、跡が残る。。。

 

 

 

なんで、こんなことに!?

 

そう思って振り返ったら、

 

1月の覚醒体験をした頃から、この流れが始まっていたことに気付いた。

 

 

ざっとまとめると、こうだ。

 

 

●1月中旬 覚醒体験

自分の魂の奥底に入り、罪の意識を癒すという不思議な体験をした。

stars-road.hatenablog.com

 

この時、わたしの進行の月は「水瓶座10度」の最後の瞬間だった。

水瓶座10度が意味することは「目覚め」

 

目覚めを表す度数は他にはない。

進行の月は、1ヶ月に1度移動する。

つまり、この度数に当たるのは約30年に1度(1ヶ月)なのだ。

そのタイミングが、リアルな魂の目覚めと一致するとは!

 

人生は全てシナリオなんだと確信し、

仏の手のひらの上で転がされてるイメージがありありとした。

 

委ねる。

 

何に?

 

宇宙に。神に。仏に。

目に見えない大いなるものに。

 

そうして、委ねて進む毎日が始まった。人生リスタート。

 

 

●1月後半

人生リスタートの最初に起きたことは、

とにかく眠い日々が続き、できる限り眠ることだった。

 

それに、ある日突然、ひどい下痢をした。唐突に。

 

あと、不思議な夢を見た。

 

布団に入り、目を閉じた途端、何もない空間に居て

空から四方を真っ白な壁で囲まれた、まるで映画のセットのような

空間がドンッと勢いよく落ちてきて、白い世界に閉じ込められて。。

 

閉じ込められると、見えない何かに体を圧迫されて

わたしの内側から何かが出て行きそうになる。

 

「ヤバイ(汗)出てしまったら、もう戻れない。」

 

なぜか焦るわたし。

 

出て行こうとする何かを、どうにかこうにか押しとどめ

苦しい!限界!と思ったら、いつもの部屋に居た、という。。

 

たぶん夢。

夢ということにしておこう。ずいぶんリアルだったけど・・

 

 

●2月

花粉症が治ってることに気づいた。

毎年1月終わり頃から、鼻水が止まらず、目がかゆいのに、今年は出ない。

 

(小五で発症したから花粉症歴は約30年。治らないと思ってた。けど、治った。)

 

去年(2017年)、わたしはずっと鼻水をかんでいた。

理由はよくわからないが、年中、鼻水が出た。

 

会社員だった頃は、化粧が取れるのが嫌で、外で鼻をかむことはなかった。

 

学生だった頃は、鼻をかむことが恥ずかしくて、外で鼻をかまなかった。

 

家で鼻をかむと、薬を飲むように言われて、鼻水を薬で止めていた。

 

つまり、わたしはほとんど鼻をかんだことがなかった。

 

だから、溜まりに溜まっていたんだと思う。

 

貯め続けた鼻水を、去年1年かけてかみ続け、どうやら出し切ったらしい。

我慢していたものを出し切ったら、花粉症が治った。

 

なんでも我慢は良くない。

鼻水すらも、我慢したら病気の元になる。

 

「排泄」の重要性に気づいた2月。

 

 

●3月

3月に入ると唇とその回りが、ガサガサに乾燥して、ひどく荒れた。

春分の頃には唇の回りが赤むけてヒリヒリと痛み、常にグジュグジュと湿っている状態だった。

でも、この頃はまだ唇だけだった。

 

どうしたらいいかわからず、これを機会にと、

ずっと気になっていたヒーリングサロンに行くことにした。

 

名古屋八事のスタジオ・ウーヌス

 

わたしの状態を話すと、浄化のプロセスだと教えてもらった。

 

ギリさんにクラニオセイクラル・バイオダイナミクスという仙骨に働きかける

ヒーリングワークをしてもらう。

 

それは、とても不思議な体験だった。

 

「わたし」と「わたしの外」の境目が曖昧になって、つながって、一体化する感覚。

ワークを受ける「わたし」を天井あたりから眺める、もう一人の「わたし」。

 

起きることは全て必要なこと。

浄化のプロセスにヒマシ油がいいかもしれない。

 

アドバイスを胸に帰路へ。

自分に起きている出来事が「浄化のプロセス」だということがわかり

つらいしかゆいけど受け止めよう、浄化し切ろうという気持ちが出てきた日。

 

 

●4月

ヒーリング後も唇の荒れは続き、4月に入ると、足や手、背中に謎の湿疹がポツポツ

できて、かゆくて搔きむしり、出血し、赤くただれた。

 

でも不思議なことに、顔や首、上半身、膝から下にはほとんど出ない。

 

思い起こせば、去年の夏にも、この謎の湿疹に悩んだことがあった。

その時は膝から下に集中して出て、1ヶ月苦しんだ記憶が。。

 

それに、顔や首、上半身にも、集中して蕁麻疹や湿疹が出た時期が過去にあった。

一昨年。心のあり方を変えようと四苦八苦していた頃だ。

 

その時々で「毒」を出し切ってきた箇所には今回は湿疹が出なかった。

 

あの時、浄化しきっていたんだ。

 

「今、出し切れば、次は出ない。」

 

勇気が持てた。

今だけならかゆみも、見た目の酷さも我慢できる。

 

ちょっと気弱になり、ステロイド入りの薬を塗ったら、逆にその場所だけ悪化して

薬には頼らない(頼れない)と覚悟を決めた。

 

この頃から、突然食べたいもの、食の好みがガラリと変わって

 

めかぶやワカメ、ひじき、とにかく海藻が食べたい!

 

玄米のつぶつぶした食感が美味しくて仕方ない!ってなって、

(食物繊維ラブ♡に、なぜか変身。。)

 

あんなに食べてた唐揚げがしょっぱくて食べたくなくなり

ビールも美味しいと思わなくなるわ

 

自然な流れで玄米菜食や縄文食?が好みの人になった。

 

体にいいからと食べてた頃は、美味しいと思わなかった玄米が

今は、とにかくうまい!

 

ああ、和食最高!

 

食べ物の好みが変わり、同じ頃、久しぶりに夕食断食を1週間したら

出したことのないねっとりした便が出た。

 

 

排泄は、排毒。

 

何かで読んだこの言葉がリフレインする。

 

魂の進化やステージチェンジを体験し、人の体はエネルギーを通す器なんだと

思うことが何度となくあった。

 

今回も同じだ。

 

1月に内側が変化し、内側の変化が外側に伝わり、現実化する。

 

内側が増した純粋さや振動数の高さに適した外側(体)に変容する過程、

それが浄化のプロセス。

 

今の「わたし」に不要なもの、これまで溜め込んできたものが一層されている。

(まだ途中だけど)

 

 

解毒、とも言うのかな。

 

今回のプロセスで、全身の浄化が終わることになる。

 

人生のリスタートだから、これくらいのショックあって当然?

いやー、かなりキツイんですけどw

 

内側も外側も生まれ変わるんだ。

 

目覚めのあとの通過儀礼なのかもしれないけど、

傷跡消えるまで、どのくらいかかるのだろう(汗)

 

よーし、ギリさんに教えてもらったヒマシ油にチャレンジだ!

 

 

変化変容の激しかったここ数ヶ月。

こんなにつらくても、後になると忘れちゃうから、メモしておきます。

 

 

 

今、すごく台湾に行きたい。なぜだろう??