Stars Road

北斗七星は、天と地と人をつなぐ

創造の核、創造の炎、九頭龍の誕生

【2019.9.8の記事】

 

朝から、今までに経験したことのない内側の変化があったのでメモ。

 

備忘録的な記事です。

 

 

 

 

ここしばらく2週間くらい、心に蓋がかかったような状態で

 

モヤモヤ感が強い時間を過ごしていた。

 

北斗七星つなぎも終わり、新しい場所作りも落ち着き、仲間もできて

 

がむしゃらにやってきたことに、一区切りついた。

 

燃え尽きたのかな?

 

そう思ってたけど・・・何かが違う。

 

 

 

 

心に向き合う。

 

自分に問う。

 

 

しばらくして出てきた答えは「もっと燃やしたい」だった。

 

 

もっと夢中に、燃えるような情熱で命をかけて生きたい。

 

この世界の秘密を知りたい、見たい。駆け回りたい。

 

この目で全ての真実を知りたい。

 

底が見えない、強い欲望、探究心。

 

赤黒い炎のような強いエネルギー。

 

 

 

 

 

心の底に巣くう、この力の正体を私は知っている。

 

メドゥーサの首と表されるアルゴルと、9つの頭を持つヒドラの心臓アルファード

 

アルゴルとアルファードは、私の恒星(パラン)

 

そうか、だからパランの見直しをしたくなったんだな。

 

創造の蛇が、私の心の周りをぐるぐると回り始めたのは、パランを見直した後。

 

そこから数日、回り続けていた。

 

 

 

そして今朝、目が覚めたら胸の中に強い塊があることに気づいた。

 

もう蛇はぐるぐる回っていない。

 

代わりに、口から火を噴く赤い龍が、いる。

 

 

強く強く赤く輝く玉と、

 

それに巻きついて、火を吹いている。。。龍?

 

頭は九つあるような。

 

なんだこれ(汗)

 

 

 

 

 

浮かんでくるのは、創造の核、創造の炎、という言葉。

 

強い芯のような、ぎゅっと濃縮された固く赤い核。

 

その周りには赤と黄、白、黒、ときに紫にも見える炎の波と

 

その中を、炎を吐きながら飛ぶ、赤い九頭龍。

 

 

数年前、同じ場所に、エネルギー発生装置がついた事件があった。

 

今感じる力は、あの時と比べ物にならないくらい強く、

 

それに、引力。

 

 

 

また、何か変化したなあ。

 

内側の変化は、時間を置き外側に表れる。

 

今度は何が起きるのだろう?

 

 

覚醒体験は北斗七星探しにつながったから、

 

創造の核が、次の星に導いてくれる。

 

九頭龍は、どこに向かうのか。

 

炎だし、暑いところかな。

 


 

 

魂の進化には終わりがない。

 

創造の核ができる、このプロセスは何番地なんだろう?

 

魂は、どこからきて、どこへ向かうのか。

 

光に向かい、魂の旅はつづく。