Stars Road

北斗七星は、天と地と人をつなぐ

射手座新月と海王星順行 〜自分の可能性に震える。感性が人生を誘導する時。

日が過ぎてしまったのですが

11/27の射手座新月と11/28の海王星順行のリーディングです。

 

f:id:stars_road:20191129201908j:plain

 

木星が射手座から山羊座へ移動する直前の「射手座新月」でした。

新月ですけど、満月のような、射手座木星シーズンの総まとめ、総決算的な雰囲気を感じます。

 

今年1年冒険してきたこと、起きた出来事の数々の意味がやっとわかった!

そんなタイミングを迎えている人、多そう。

誰かが答えを教えてくれた、ふと目にしたものが答えそのものだった。

周りから起きたことの意味を教えられるかもしれません。

どんなことも、その意味がわかると報われますよね。

自分がやってきたことが思いがけず大きな成果となると嬉しいものです。

未知の世界に飛び込んだほど、得られる成果は大きかったはず。

喜び、噛み締めてくださいね。

 

一方、この新月あたりから、これから起きることの予兆を感じ始めた方も多そうです。

木星は12/3に射手座から山羊座へ移動します。

 

山羊座には冥王星土星がいるので、木星が入ると3星揃い、トリプルグレートコンジャクションと呼ばれる占星術的には、非常にインパクトのある配置になります。

 

山羊座は、国家や社会の基礎構造、土台、常識、社会ルール、個人であれば社会的な肩書き、仕事、役割、立場を象徴します。

そこに冥王星土星が入ったここ数年(特に2017年末から)

私たちは、これまで築き上げてきた「社会的な居場所、社会構造を形成するそのもの」が一度崩れ去り、新しい形で再生する流れの中にいます。

 

そしてさらに、12/3から木星が加わり、この流れは一気に加速!

木星は広げる、拡大する星なので、ここまで起きていた変化が爆発的に広がるかもしれません。

香港のデモや、各地で起きる民主化の動き、性差別へのNoの声は種。

種が芽吹き、来年は混乱が広がる可能性大。

歴史的な転換点を目にすることもあるかもしれません。

 

その動きは、2020年12月22日に、冥王星土星木星水瓶座0度でコンジャクションする時を目掛けて進みます。

来年の今頃は何が起きてるんだろう・・

 

社会基盤からひっくり返っていくのです。

過去やこれまでの自分を起点に未来を予測することは、今の時期役に立たないでしょう。

 

この新月サビアンシンボルは「木の高いところにいる老いたフクロウ」

・深い知恵や広い視野で物事を洞察すること

・潜在意識をコントロールする技術

・裏側まで見据えて真実を追求すること

を表します。

 

そして、新月の翌日には、海王星が順行になりました。

順行したばかりの海王星は影響が強く・・

しかも順行した時のサビアンシンボルは「ひらめきの流れ」

・自分の勘とセンスを頼りに進む

・インスピレーションが生命を満たす

を表します。

 

この星回りは、混沌とした状況、先が見えない、予想できない、どの道を進んだらいいかわからない、不透明な状況であればある時こそ、今重要なのは、自分の内側から浮き上がる心の声、インスピレーションだと示しています。

 

何が起きても直感を信じて、自分の道を作る。

感性が人生を誘導する。

 

この新月前後から暫くの間、その先駆け的な出来事やインスピレーションが降り注ぐ時期が続きます。 

 

そして、この流れのまま12/3の木星山羊座入りへ。

 

木星山羊座入りについては、別で書きたいと思います。