Stars Road

北斗七星は、天と地と人をつなぐ

隠された女性性と縄文意識、織姫の復活

先日スカラベさんが紹介されていた

縄文文化」についての講演会に参加してきました。

こちら、スカラベさんの記事↓

 

ホピ族と親交があり作家でプロデューサーの天川綾さんが

原住民の方や、神社や遺跡の祭祀や伝統を守ってきた方達との交流を通して感じてきたことを紹介される会でした。

 

「縄文」を今に残す文化や、縄文時代の遺跡そのものを

時代も場所もランダムに紹介される1時間ちょっと。

 

鳳梨さんと一緒に参加したのですが

紹介される場所が、ことごとく星探しに関係する場所で

2人で何度も顔を見合わせて笑ってしまった。

 

え!ここも!あ!あそこも!

よく行ったねー、みたいな(笑)

 

いくつかまだ行ったことのない場所が出てきて

(でも以前から何かあるなとは思ってた場所で・・)

今年はここに行くのかな?と

会を通して招待状をもらったような気分です。

 

まだどの星とつながるかわからないから書かないですけどね。

あーそうだよね、という場所です。ふふ。。

 

スライドの撮影OKだったので、気になったものをアップしておきます。

さあ、何につながるでしょう?

 

青森の縄文遺跡の土器、漆塗り

漆のことはジャパン、青磁のことはチャイナと呼ぶ。

最古の漆は9000年前の麻縄に塗られたものが出土(函館の大船渡遺跡)

 

 

アイヌ紋様

沖縄と違い、男性も神事を行うのが印象的

紋様がグルグル、縄文土器との共通点「グルグル」

アイヌ紋様の渦は、風、海、フクロウの目を表す

ホピ族の場合は、渦は再生の象徴

縄文のビーナス土偶)にも渦がある、意味は再生?

 

 

花の窟神社、熊野信仰のはじまりの場所

日本書紀にある祭りが現代にも受け継がれる

花を結ぶ神事(縄をかける神事)

10月と2月の年2回

なんで2回やるのか。。謎

 

 

岡山の鬼の面

 

 

出雲地方の銅鐸の図柄、エジプトっぽい

鳥がいる・・・・

 

 

遠野の獅子踊り、神事

獅子踊りは地域によりバラバラ

遠野のは獅子というより鳥に見えるような・・

 

 

他にも、安曇族や縄文人の顔と渥美半島の話しとか、

縄文人と海、海人族としての側面の話しもあり

今まで考えてきたことを総復習してるような感じで

知識が整理整頓されて、とてもスッキリしました。

 

 

そして・・

会が終わりに近づくにつれて、何やら見えてきたことが。

 

1/11の蟹座満月(半影月食)の星読みの中で、この満月を境に

 

月の隠された裏の顔が表に出てくる。

魂の奥深くに蓋をしてしまわれていた「女性性の隠された力」が表に出てくる。

 

と書いていました。

 

 

stars-road.hatenablog.com

 

 

この時は具体的に、これが何を表すかよくわかってなかったんですが・・

 

今、復活しようとしている「女性性の隠された力」って、縄文時代の意識、女性性の強かった時代の古代の女神が象徴していた女性性の力なんじゃないかと、

 

なぜかふと、この答えにたどり着きました。

 

 

そういえば、星探しを始めたころ2017年に「今は、古代の女神が同時多発的に復活する時期なんだ」という記事も書いていました。忘れてたw

 

 

stars-road.hatenablog.com

 

 

 

13000年周期で入れ替わる、北極星になる星、ポラリスとベガ、男性性と女性性。

 

↓13000年周期で陰陽が入れ替わるイメージ

 

かごめ歌がヒントになってわかったんだよね、これ。。

2017年だからもう2年も前かあ、懐かしい。

 

stars-road.hatenablog.com

 

 

stars-road.hatenablog.com

 

 

 

ポラリスが表す男性性の時代からベガが表す女性性の時代へ。

陽から陰へ、男性性から女性性へ、切り替えの時を私たちは生きている。

切り替え中だからどっちもありで、今は陰陽統合の時期。

 

13000年前といえば、ちょうど縄文時代がはじまる頃。

北極星の動きとリンクして、縄文時代は最初の頃は女性性がメインの時代だった。

それが、段々と男性性が強くなり、やがて男性性メインの時代に切り替わった。

そして今は、男性性極まれり!

女性性へのシフトがはじまり、混ざり合い、陰陽統合が進む。

 

 

女性性と一言で言ってもいろいろあると思うのですが、

その中でも縄文時代の女性性」

女性性が強い時代の女性の集合意識が、蘇ろうとしている。

 

 

蟹座満月のホロスコープでは、ICにキロンとリリスが合だったから

傷を癒しながら復活、と読める。

 

古代の女神たちの虐げられた逸話が物語るように、

女性や女性性が歪められ、傷つけられ、犠牲になってきた歴史。

中には足枷のように現代人の意識に残る傷もある。

 

そんな魂の奥底の傷を癒し

今、かつての女性性の輝きが私たちの意識の奥深くとつながる。

 

縄文時代の人たちは星と繋がっていたから

その女性性は星とつながる「銀河意識の女性性」だということ。

 

それは、つまり、女性性を表す星との繋がりが復活する・・?

 

ベガとの繋がりが蘇るってことなんじゃないだろうか。

 

ベガは織姫星

織姫の力がわたしたちの内側に芽生える。

 

織姫たちが復活する。

 

そんな予感がする。

 

 

 

ベガの地上の場所は、奈良の「棚機神社」

近くの當麻寺には中将姫の曼荼羅の織物の伝説が残る。

 

この間愛知の曼荼羅寺に行ったら、実は中将姫の曼荼羅の縮小コピーした織物が

曼荼羅寺の御本尊だと教えてもらいビックリ!

 

愛知、曼陀羅寺 お寺の方に奈良の當麻寺と縁があると教えてもらいビックリ!當麻寺の...

 

この時から、織姫の復活のサインは来てたのかもしれない。。

なにやら、いろいろ繋がってきたような。

 

そんな気がします。